シャチハタのネームペンはオーダーできます。

シャチハタ

シャチハタのネームペンとはボールペンの後ろの部分が朱肉がいらないシャチハタのハンコになっているもので、1本でボールペンとハンコの2つの機能を持っています。

なかにはシャープペンシルとボールペン、赤と黒の2色ボールペンなどの種類があります。デザインも豊富で1万円くらいする高級なものから1000円前後のものなどさまざまです。

ハンコをネット通販で注文するときに、疑問なのは名前とか字体とかどうするのだろうということです。ハンコには既製品とオーダー品があります。名前を入力して該当すれば購入することができます。

もしも既製品のリストにのっていないような珍しい名前の場合や、書体やレイアウトや色を自分の好みにしたければ、オーダーする方法があります。

サイトによっても異なりますが、注文の画面から名前、楷書や行書、明朝体などの10種類くらいのフォント、レイアウトやインクの色、さらにハンコに枠をつけるかどうかなどの指定ができます。もちろんネットで買うと値段もお得です。

東京の葬儀に参列する場合

東京の葬儀に参列する場合

自分の住んでいるエリアとは違う地域で葬儀がある場合、何か注意点はあるでしょうか?
例えば、東京と九州では、葬儀のマナーが違うことはあるのでしょうか?
人の人生の最後を飾るのが、葬儀です。
参列する側としては、粗相のないように、個人を見送りたいはずです。

結論からいえば、葬儀のマナーとしては、東京だろうと北海道だろうと、そう変わることはありません。
ただし、お通夜と告別式の扱いが、東京と関西では違うようです。
東京の場合は、それほど面識のない方の場合は、お通夜だけ参列することがあります。

しかし、関西では逆で、告別式だけ参列するようです。
ですから、弔問客は、東京の場合はお通夜の方が多く、関西の場合は告別式の方が多くなるのが通常です。

また、東京で葬儀をする場合の特徴としては、受託事情が理由で、自宅よりも式場で行われることが多いです。

地方の場合は、ご自宅でされることもよくあるので、親しい人ならば道に迷うこともないかもしれませんが、式場で行う場合は、事前に場所をしっかりと確認しておき、当日にご家族に迷惑のかからないようにしておきましょう。
たいていは、最寄駅に人が立っていたり、車が出ているので迷うことはないと思いますが…

葬儀社も、全国展開している大手がありますので、どうしても気になることがあるようでしたら、問い合わせてみるといいかもしれません。

自宅に居ながらリアルな英会話学習

自宅に居ながらリアルな英会話学習

Windowsなどで有名なマイクロソフト社の「スカイプ」を利用したオンライン英会話学習法が「スカイプ英会話」。
どれだけお喋りをしても、相手と自分がどこにいても、スカイプ同士ならば基本の通話料は無料。

携帯電話やスマートホンでも利用することが出来るだけでなく、パソコンにウェブカメラを設置していれば互いの顔を見ながら通話することが可能です。

最近では様々な企業やスクールがスカイプ英会話に注目しています。
実際に、テレビや雑誌などでコマーシャルを見たことがあると言う人も多いのではないでしょうか。
100を越えるスクールが運営されているので、スカイプ英会話が気になる方は各スクールをチェックしてみると良いでしょう。

スカイプ英会話の利点は、やはり自宅に居ながらリアルタイムに会話をすることが出来ると言う点。

わざわざスクールに通わなくても英会話スキルをぐんぐん上げていくことが可能であり、わずらわしい手間も無いので継続して行うことが出来るのが嬉しいですね。

ISMSとPDCAサイクル

ISMSとPDCAサイクル

昨今求められている情報セキュリティマネジメントシステム、ISMSでは、機密性、完全性、可用性を両立させたシステム構築が求められています。
そのため通常のISMSでは、情報セキュリティの基本方針に基づいたPDCAサイクルを繰り返すことが求められています。

PDCAサイクルは最低限のコストで最大の効果をもたらすために使われる手法で、ISMS以外にも品質改善や環境マネジメントでもよく使われている手法です。
PDCAサイクルの詳細は以下のようになっています。

PDCAのPとはPlan(計画)を表し、リスク、問題を提起し、それに対処するための計画立てを行います。

DはDo(実行)を表し、立てた計画に沿って実際に問題解決に向けて行動を開始します。
CはCheck(確認)を表し、実施した計画が実際に計画通りに行われているのか、また、計画が実際に問題改善に効果があるのか確認をし評価します。
AはAct(見直し、改善)を表し、評価結果に基づいて問題に直に改善・処置を行います。

このようにISMSはPDCAサイクルを活用することによってリスクアセスメントを行うことが出来、ISMSの維持を効率よく行うことが出来ます。

耐震補強の基礎について

耐震補強の基礎について

耐震対策として、建物の外側だけをそれに備えたとしても、もし基礎の部分がヒビが割れ
ていたり、損壊していたのでは、いざ地震が来たときには、大きな被害となる可能性が十
分あります。耐震補強には、基礎の部分の補強工事を考えることが大切です。

特に、木造建物では、鉄筋が入っていなかったり、地震によって損壊する可能性が高くな
ります。そこで、耐震設計マニュアル等を用いて、地盤調査から始めて、どこに難点があ
るのかを確認した上で、工事をしなければなりません。

例えば、鉄筋コンクリートが入っていない場合は、耐震補強用に、コンクリート基礎を築
くために、打ち増しをします。今ある基礎を少し取り壊します。そして、その部分に鉄筋
コンクリートを打ち込む作業となります。

そして、既存の基礎と鉄筋とをつなぐことで、補強工事を行います。この他、既存の基礎
にそのまま鉄筋を打ち込んでいく工法もあります。いずれにしろ、スペシャリストとよく
相談して、耐震用に確実に基礎をしっかり固定させるようにすることが重要です。

マイホームと住宅ローン

住宅ローンを組むということは、安かったとしても数百万円、高くなると何千万円の借金を抱え込むと認識することができます。

この点に危うさを覚える人もかなりいるようで、リスクを避けるために家賃を払って賃貸住宅に住んでいるという人も多いです。

けれども、賃貸住宅では一生涯家賃を求められるのが当たり前ですが、マイホームを手に入れると、住宅ローンを返し終えたら月々生じる家賃を請求されることはないのです。
現段階で、家を賃貸している人は、これから70歳、80歳になっていくことを考え、このあたりの年齢までに生じる家賃の合計金額を導き出してみましょう。

家賃があまりかからない住宅を貸してもらっていたとしても、いつまでも家賃を負担していくとなると、合計ではとてつもない額になります。
マイホームを買い求めると気軽に転居できないということから、住宅ローンを組むことでマイホームを手にすることに踏み切れないでいる人もいます。

確かに、隣に変わった人が引越してきてしまったり、買い求めて間もなくの頃は日がよく差し込んで快適な家だったのに、時間の経過と共に家の前に大きな建物ができたことにより、日当たりが妨げられてしまうといったことも往々にしてあります。

マイホームを手にする際に住宅ローンのことを一番にすることが多いですが、どこに家を買うのか、近隣はどんな感じなのかをきちんと調べてから買うことを決定するのが理想です。

頭金を揃えられないためマイホームを持つなんてできるわけがないと思っている人もいますが、銀行と交渉すれば、返済プランのアドバイスやどの程度の援助をしてもらえるのかなどを見積もりしてもらうことも可能です。

侘び寂びの魅力溢れる、奥津温泉

奥津温泉は、岡山の名湯・美作三湯の一つ。
足踏み洗濯で有名ですよ。
観光客向けに実演イベントも行われていますから、まだご覧になったことが無い方は是非見てみるとよいですよ。

小唄やお囃子に合わせて、揃いの衣装を身に着けた女性たちが、河原の温泉で足踏みしながら洗濯をする様子はとてもかわいらしく、また、近所同士賑やかに家事をこなしていた時代の楽しさも感じられるものです。

実際は、そのように楽しいばかりではなかったそうですね。

昔、岡山県奥津温泉近くの山には、野性の狼や熊が生息していたそうで、民家の食べ物や畑の作物を狙って頻繁に温泉街に出没していたのだそうです。
そのような動物達を見張るために、女たちが河原に列を成して洗濯をしていたのだそうです。

由来を聞くとまたお囃子の音色も違って聞こえてくるから不思議です。

岡山県の中では、決して華やかな温泉街ではありませんが、山あいならではの侘び寂びが効いた魅力があるのが奥津温泉。

日帰り浴場も旅館もありますから、散策のついでにちょっと寄っても泊まっても良いですよ。
おすすめです。

湯郷温泉 日帰り」情報もご参照下さい。