耐震補強の基礎について

耐震補強の基礎について

耐震対策として、建物の外側だけをそれに備えたとしても、もし基礎の部分がヒビが割れ
ていたり、損壊していたのでは、いざ地震が来たときには、大きな被害となる可能性が十
分あります。耐震補強には、基礎の部分の補強工事を考えることが大切です。

特に、木造建物では、鉄筋が入っていなかったり、地震によって損壊する可能性が高くな
ります。そこで、耐震設計マニュアル等を用いて、地盤調査から始めて、どこに難点があ
るのかを確認した上で、工事をしなければなりません。

例えば、鉄筋コンクリートが入っていない場合は、耐震補強用に、コンクリート基礎を築
くために、打ち増しをします。今ある基礎を少し取り壊します。そして、その部分に鉄筋
コンクリートを打ち込む作業となります。

そして、既存の基礎と鉄筋とをつなぐことで、補強工事を行います。この他、既存の基礎
にそのまま鉄筋を打ち込んでいく工法もあります。いずれにしろ、スペシャリストとよく
相談して、耐震用に確実に基礎をしっかり固定させるようにすることが重要です。